福岡日英協会主催 セミナー

 


 

 

日時:2015年3月1日(火)18:30~20:00

会場:NCBリサーチ&コンサルティング 会議室 

   福岡市博多区下川端町2-1(博多リバレインイーストサイト博多座・西銀ビル13F)

         ℡:092-282-2662

会費:会員 500円 / 非会員 1,500円(当日会場にてお支払い)

定員:35名(先着順)

お申込み方法:① 出席者の氏名(法人会員は会社名も)

         ②電話番号(当日連絡可能なもの) を電話・Eメールにてお願いします。

 

福 岡 日 英 協 会 事 務 局 The Fukuoka-Japan British Society

〒812-0011福岡市博多区博多駅前1-3-6

Tel:092-476-2155 Fax:092-476-2634

Email: fjbs.event@castle.ocn.ne.jp 担当 河部・汐田

    福岡日英協会HP


 

 【福岡日英協会セミナー講演会】

日時:2015年3月1日(火)18:30~20:00

講演者:松任谷 愛介 / Cross Culture Holdings(総合プロデューサー)

タイトル:『クロスカルチャーのすゝめ』

      〜グローバルな国・英国在住27年の総合プロデューサーが語る

                     『日本が英国から学ぶもの』

 

 


<プロフィール>

東京杉並区生まれ。小中学校では神童と呼ばれるも、兄に感化され音楽に没頭するようになり勉強しなくなる。高校大学時代はイルカ、南こうせつ、ハイファイセット等のバックバンドとして活躍、レコーディングミュージシャンとして数々のアルバムに参加。大学1年2年の夏、米国へ音楽遊学。ヴァージニア州全米フィドル選手権で連続1位となる。それを境に日本での音楽活動への興味が薄れる。在米中ジョージワシントン大学に集まる留学生達と接してショックを受け、日本に戻り、グローバルビジネスマンに憧れて猛勉強を始める。1978年慶応義塾大学経済学部卒業後、横浜銀行に入社。渋谷支店、国際部、ディーリングルームで勤務。全国銀行協会論文大会で2年連続入選(1位と2位)、ご褒美にアメリカ留学のチケットを得る。TOEFL最低点でシカゴ大学経営大学院に入り、1988年シカゴ大学MBA取得。1989年より英国マーシャントバンクGuinness Mahon社に入社、同社取締役、代表取締役副会長職歴任。経営より実業が好きで、機関車トーマスやレコード会社立ち上げなど数々の映像、音楽開発に従事。ふたたび音楽やエンターテインメントへの興味が高まる。1997年、Guinness Mahonにおける全ての取締役職を辞職して、ロンドンにプロデュース会社Cross Culture Holdings社を設立し、プロデューサー兼代表取締役に就任。日欧文化の架け橋となるべく、音楽・映像・イベントのプロデュースや執筆活動に従事。普遍的価値を創造するプロデューサーとなることを目指して、現在に至る。

 

課外では、ロンドンの金融会社数社の顧問のほか、大英博物館日本会名誉会長(〜04年)、GFL実行委員会会長、海の向こうからメッセージを伝える会会長等を兼務。1989年から数年、英国暁星国際大学非常勤講師。2005年より立命館大学経営学部客員教授として 「プロジェクト研究」「海外インターン研修」指導(~12年3月)、2012年より同客員研究員(〜14年)など。

  

                                     

*講演会は終了致しました。ご来場、ありがとうございました。

 

 

                                    

 

 

 

 

                                              >>>執筆&講演Top