<<松任谷愛介 PROFILE>>

  

略歴

19555月 東京杉並区に生まれる

       学生時代はイルカ、南こうせつ、コータロー、ハイファイセット、

       ティンパン・アレイ等、フォークミュージックのバックバンドとして活躍。

       レコーディングミュージシャンとして数々のアルバムに参加。

19783月 慶応義塾大学経済学部卒業(大熊ゼミ)

19784月 株式会社横浜銀行入社 国際部勤務

19886月 シカゴ大学 MBA取得(国際ビジネス)

19895月 英国マーシャントバンクGuinness Mahon社に入社、同社取締役、

       代表取締役副会長職歴任。

19976月   Guinness Mahonにおける全ての取締役職を辞職 

19977月 ロンドンにCross Culture Holdings社を設立、代表取締役に就任、現在に至る

 

課外では、Global Rights Development Fund Ltd.顧問、英国金融会社Beringia社アドバイザー、大英博物館日本会名誉会長、GFL実行委員会会長、海の向こうからメッセージを伝える会会長等を兼務。

執筆活動では月刊誌「ヴァンサンカン」「バンクカード」「ソトコト」「月刊わーずわーす」「翼の王国」「ファウンテンズ」「月刊PFCニュース」のエッセイ等、各方面で活躍中。( 最近の執筆活動 

 

 

アカデミックな活動

19734月 論文「国債大量発行下の財政金融政策のあり方」全国銀行協会論文大会一位入選

19744月 論文「金融自由化の下での銀行経営」全国銀行協会論文大会二位入選

19885月 論文“Optimum Currency Portfolio” シカゴ大学経営大学院最終論文

19894月 英国暁星国際大学非常勤講師

      「メディアプロダクション論Ⅱ」「メディアプロダク~933月 ション論II」「メディア研究」指導

20054月 立命館大学経営学部客員教授 

               経営学部「プロジェクト研究」「海外インターン研修」指導(~123月)

200811月 欧州排出権取引 週刊ダイヤモンドに寄稿(ダイヤモンド社)

2012年3月   立命館大学経営学部客員研究員

 

 

趣味

バイオリン(全米フィドルコンテスト2年連続<7778年>優勝)、バンジョー演奏、テニス、

旅行、美味しいものを食べること

 

 

ライフワーク

業態や分野を越えて、異文化をクロスオーバーさせて新しい文化を創造すること。このため音楽映像その他メディアを活用して異文化を「伝え」、「発展させ」、新文化として「展開」する。

最近の関心事は、東北の復興、日本文化の海外輸出、チャリティーのあり方、昭和という時代、ひとの命、サブカルチャー、日本のインクルシブデザイン社会の実現、ユニバーサルバリューの追求。